• 京王八王子駅
    徒歩1分
  • お電話・お問い合わせ 042-644-1010

高尿酸血症(痛風)

高尿酸血症(痛風)とは

高尿酸血症は、プリン体の摂り過ぎなどによって血清尿酸値が高くなってしまう病気です。プリン体は体に必要な成分のひとつなのですが、尿酸値が高い状態が続くと、血管の中で結晶化してしまい、足の親指などの関節部に蓄積されていきます。そうすると、やがて炎症を起こして神経を刺激するようになり、痛風発作が起こるのです。

痛風は強い痛みを伴うことが多く、日常生活に支障を来たすこともしばしば起こります。また、脱水などから尿道に結石が生じ、結石発作による腰の痛みや血尿を来たすこともあります。このような事態を招かないよう、プリン体が多く含まれる食品(下記参照)は控え、肥満などにも注意するようにしましょう。

プリン体を多く含む食品

  • レバー類
  • 白子
  • 一部の魚介類(エビ、イカ、イワシ、カツオなど)
  • 生ハム
  • 納豆
  • 醸造酒(地ビール、紹興酒など)
  • クロレラ
など

放置せず治療することが大切

痛風による問題は、足の親指などに起こる激しい痛みだけではありません。尿酸値が高い方は糖尿病や高血圧、脂質異常症などの合併リスクが高まり、動脈硬化が加速度的に進行することが知られています。これに伴い、尿酸値が基準値内の方よりも心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしやすくなるのです。

なお、以前は治療が難しいと言われていましたが、現在は痛風治療の研究が大きく進み、良い薬も開発されています。当クリニックでは、患者さまの状態をしっかりと見極め、痛風の発作を予防する薬、尿酸の排出を促す薬、尿酸の生成を抑制する薬などを効果的に組み合わせて処方いたします。さらに、食生活を見直したり、運動療法も併用し、症状の改善に努めますので、高尿酸血症(痛風)の方は当クリニックまでご相談ください。

やまざき内科糖尿病クリニック

お電話・お問い合わせ 042-644-1010

院長名
山﨑 泰徳
診療内容
内科・糖尿病・生活習慣病・予防接種・健康診断
住所
〒192-0046
東京都八王子市明神町4丁目3-8 940bldg.2F
最寄り駅
京王八王子駅 徒歩1分
JR八王子駅 徒歩5分
休診日:木曜日、日曜日・祝日
:土曜日:9:00~12:30
診療時間 日・祝
9:30-12:30
14:30-18:00